パチンコ依存症を克服したいと思っているためのサイト:禁パチNET

パチンコは絶対に勝てないようにできている

 

 

 

パチンコは勝てない

 

「あなたはパチンコに勝ちたいですか?」と聞かれれば、たいていの人は「まあ、そうだね」と答えるでしょう。

 

パチンカーの中には「勝ち負け抜きで楽しんでるからそれでいい」という余裕のある人もいますが、本心はどうだかわかりません。

 

まず最初にはっきり言っておきますが、パチンコは基本的に勝てないようになっています。基本的にはと書いたのはパチンコで勝っていると言う人もごく少数ですがいるからです。しかし一般人はほぼ全員負けるようになっています。

 

なぜ負けるのかをざっくばらんに説明すると、店は客からのお金で運営しているからです。当たり前と言われればそうですが、この当たり前を理解していない人が多いのも事実です。

 

パチンコ店の収益源は客の財布

 

パチンコ店を経営するということ、それは想像以上にお金がかかるものです。毎月入れる新台の費用、温度調整や台にかかる電気代、社員・アルバイトにたいする人件費、借りている土地代など支払うべきものはたくさんあります。

 

支払うべきものがある以上、当然ながら収益をあげなくてはなりません。その収益源は当然のことながら客からの遊戯代となります。

 

パチンカーの人は「今日は絶対に勝つぞ」と意気込んで店に通うわけですが、店にしてみれば客に勝たれるということは収益が減るわけですから困ります。そのため釘を調整するなどして、客に遊ばせつつも利益はきっちり確保できるよう調整しているわけです。

 

かつてのパチプロたちは?

 

パチプロと呼ばれる人達がいるのをご存知でしょうか?パチプロはその名前のとおりパチンコで生計を立てている人達のことです。もちろん、専門職として認められてはおらず殆どが「自称」しているに過ぎないわけですが、かつてはパチプロという職業の人が大勢いたのは事実です。

 

パチプロは、パチンコ店のいわゆる解放台(釘を開けた台)を長時間打つことで収益を手にしていました。プロの中には月収50万以上ある人もいたそうです。しかし、ここ数年のうちにパチプロの人達は激減したとされています。なぜならパチンコで収益を上げるのが難しくなってきたからです。

 

ここ数年のパチンコ人口の減少はすさまじく、かつて3000万人近くの人がパチンコを打っていたとされる全盛期に比べて半分以下の1100万人前後にまで減ったとされています。年ごとに流出していくパチンコ人口にかかわらず、パチンコ店は売上を確保しなくてはなりません。結果、かつては定期的に設置してた開放台も置かなくなり、客からは一律平等に負けてもらう経営方針に変化するようになりました。

 

パチプロも勝てる台がなくなって以上、パチンコ店にしがみつくわけにはいかないので多くのパチプロ達は商売替えを余儀なくされたそうです。

 

運が良くても勝てない

 

パチンコ人口の減少とパチプロの撤退、低設定台の放置。悪循環はあるにもかかわらず、パチンコ店は利益をあげなくてはなりません。

 

 

パチンコ店はかつての客を呼び込む意味で、低料金で遊べる1円パチンコを設置したり試行錯誤するようになりました。台を作るメーカーも、従来の変則スペックと呼ばれる複雑なゲーム性を持った機種を開発するようになりました。

 

これで客足が復活するかと思われましたが、実際のところはそうではありませんでした。小額のパチンコではただの時間潰しの遊戯でしかならず、複雑なスペックのパチンコは当たっても出球が少ないといった客の期待に応えれるような代物ではなかったからです。

 

業界全体で低迷期にさしかかっている状況といえる状況ですが、その一番の煽りを食うのは現行のパチンカーの人達です。このことを念頭においておくだけでもパチンコから足を遠ざけることが出来ると思います。