パチンコ依存症を克服したいと思っているためのサイト:禁パチNET

パチンコ依存症脱却へ そのB勝てるという幻想を捨てる

ビギナーズラックで勘違い

 

パチンコを打つきっかけになったのは、最初はほんの遊びのつもりだったけどビギナーズラックで大金を手に入れてしまったからという人が大半だと思います。

 

バイトで働いて稼いだ以上の金を遊んで手にいれたとなってはその興奮もまた別格なもの。予定していなかったお金が入ることであれこれ使える楽しみに胸を躍らせtしまうことになります。

 

しかしこれが最初の罠だったことにいずれ気付くようになります。最初の間はとにかく勝ち続けますが、しだいに勝ち負けが均一化していきパチンコは勝てないものだと思うようになっていきます。

 

「実際にパチンコで勝っている人がいる」という思いから攻略法に手を出したり、なんとか勝てるようにと努力をする人も少なくありません。やがて、買ったり負けたりを繰り返しているうちに交友関係や仕事も疎くなっていき、「パチンコで勝つ」ことで頭が一杯となります。
パチンコ屋は損をしない

 

攻略法ってあるの?のページでも解説しましたが、パチンコは基本的に勝てないように調整されています。

 

ただパチンコ屋も客を負けさしてばかりだと客が来なくなってしまう。そこで一定の割合で還元するようにしています。

 

わかりやすくいうと、客全員から仕入れた100万円のうち、20万円を店の取り分だとします。そして店は80万円をみんなで奪い合えとけしかけます。これがパチンコ経営の実態です。店は絶対に損をしないようになっています。

 

しかし還元するとはいっても、それは客がいればの話です。最近のパチンコ業界は客離れが激しく、客が少ないのにもかかわらず利益確保を追及しているため、負ける人が圧倒的に増えるようになっているのが現状です。

 

本格的に勝てなくなったパチンカーの末路

 

パチンコがいよいよ勝てなくなったご時世、パチンコに依存していた人達はいったいどうなったのでしょうか?パチンコをやめた人もいれば、やめることが出来ずパチンコ屋ウロウロする生活になった人、1円パチンコで細々と打ち続けている人など様々です。

 

かつてはパチプロという人達がいたのは事実ですが、近年では回る台などほぼ皆無になってしまったのでパチプロ稼業をやめた人も大勢います。お金を稼いだ人であれば店を開業したり、なんらかの事業を起こしたりすることも可能です。しかしプロでもなくパチンコに依存し生活を犠牲にしていたニート同然の人達はいったいどうなってしまったと思いますか?

 

彼らの多くは満足な職も就けなくなってしまい、ほとんど日雇いの仕事や派遣の職場を点々とする生活を送らざる終えなくなったそうです。
勝てないという事実を認識する

 

パチンコ依存から脱しきれない理由として、勝てるという幻想をいまだ持ち続けている人がいると思われます。「データ攻略」「読み」「ボーダー理論」などそれまでの経験を活かし、何度か大勝ちをしてきたという人達にその傾向が見られます。今日は負けても明日は勝てるという「なぜか前向き」考え方を持ってしまっています。

 

しかしここであえて厳しく言います。パチンコで勝ったお金は生産によって生み出されたお金ではないということです。遊戯という消費活動をくらます、変質的な対価のようなものではないでしょうか?

 

今日勝ったお金は明日のパチンコ代に消え、その無限ループの先に残るであろうものは一体なんなのかそれをよく考えてみてください。